twitter の丸いアイコンを四角くする方法

↓をCSSに追加すれば昨日?一昨日?までの四角いアイコンに戻ると思う。タブンネ

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

@-moz-document domain("twitter.com") {
	img.avatar,
	.edge-design img.Avatar,
	img.js-action-profile-avatar,
	img.ProfileCardMini-avatarImage,
	img.DashboardProfileCard-avatarImage,
	a.dropdown-toggle {
		border-radius: 10% !important;
	}
}

“10%”の部分の値はお好みで。

適当に調べたから CSSセレクタの過不足あるかも。あるはず。
なので各自カスタマイズして使ってね。


CSS を有効にする方法は各自検索してね。
(自分の場合は FireFox のアドイン「Stylish」を使ってる。 Chrome にも同じアドインあったかも?)

Xorshift の逆関数に関する考察/正逆双方向に計算できる Xorshift

はじめに

取説(というかライセンス表記)のないSwitchでポケモン新作が出たら乱数生成器や初期化方法を特定するのがめんどくさくなりそうだから、あらかじめいろんな疑似乱数の逆関数を求めておけばいいんじゃね? な企画第1弾。

ということでとりあえず目についた“Xorshift”の逆関数を求めてみる。なお、第2弾以降があるかは時間と気分次第。たぶんないだろうけど。

続きを読む

正逆双方向に計算できる SFMT

正逆双方向に計算できる SFMT のクラスを作ってみた(※ただし周期が \(2^{19937}-1\) のものに限定した)。
逆算部分の理論はメルセンヌ・ツイスタの tempering の逆関数TinyMT の更新関数の逆関数とほぼ変わらないので、詳細はそちらを参照。

続きを読む

TinyMT の更新関数 tinymt32_next_state(tinymt32_t*) の逆関数に関する考察

TinyMT の更新関数 tinymt32_next_state(tinymt32_t*) の逆関数において、逆関数適用後の status[0] の最上位bitが不定値になる問題について調べてみた。


前置きが長いので「本題」で検索してヒットところから読めば充分だと思います。タブンネ
理論なんていいから最終的なプログラムだけ教えろ!って人は最終節(「まとめ」で検索してヒットしたあたり)だけ読めばいいと思います。メガタブンネ

続きを読む

線形合同法(LCG)に関する考察

LCGの復習的な。
新情報はたぶんないです。

続きを読む